NANAと龍輝の「ふたりごと」

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の散歩

CIMG0984_convert_20090216194202.jpg


雪 pkk    雲    雲    雲     雲

この寝姿は、きっと楽しい夢でもみてんだね。

DSCF0267_convert_20090216195729.jpg


毎日のように行くことの出来い家の前の散策。

それでも、あちこちの匂いをかぎながらゆっくり歩いてる。

「歩かなくてもいいからね?風にあたるだけでも気持がいいねぇ。」

めっきり体力がなくなってしまった。

ご飯は、まともに食べられなくなってしまい、おかゆの様に飲み込めるご飯を流し込んであげる。

水も自分で飲めない。

飲みに行こうとする気力はあるけれど、たどり着く前に倒れてしまう。

トイレも同じ。

どうしても、自分の力で行こうとする。

体をささえてあげながら、用をたす。



こんな、毎日が続いた。



「lucky…、mac頑張ってるよ。力を貸してあげてね。

でも、一気に体力がなくなっちゃった…。」



ある日の夜中、

夜中というか明け方に近かったくらいに、あのボステリ特有の

ワン!の一声で飛び起きた。

「lucky…?」と起き上がると、macはスヤスヤ寝ていた。

空耳だろうか…、随分ハッキリ聞こえたけど…。

他の物音は何一つ聞こえない。

耳が塞がれている様に、聞こえない。



macが寝ているという事は、私にしか聞こえてないって事?

macを心配するあまりに、夢でも見ていたんだろうか。

今でも、その声をハッキリ覚えている。






ほとんど寝たきりになってしまったmac。

大きなクリンとした可愛い目だけが、こちらを見ている。



風の匂いが好きなmacのために、窓を少し開けてあげると

体を起こして風を確かめる。

「天気もいいし、外の空気いっぱい吸いたいネ?」

抱いて行きたいけど、結構重たい。

一瞬でも気を許したら、大変な事になってしまう。

スリングというハイカラなものは、ここには売ってないし、今注文しても…。

何かいい方法がないかと思いついたのが、赤ちゃんをおぶったり抱いたりするコレ

何というのか忘れちゃったけど、コレしか頭に浮かばなかった。




天気のいい穏やかなこの日のうちにコレを購入し、macを抱いてあげた。

無題5 無題2

こうして見ると、元気な感じがする。

でも、実際は5歩くらい歩くのがやっと。

「今日は、ゆっくり外に行けたね。また、天気のいい日に行こうね。」

P1000045.jpg

そして、いつものように同じ枕で眠った。






最初で最後の、たった一度きりのコレ

CIMG1001_convert_20090216202722.jpg

2006年6月5日



  mac   lucky
image137.gifimage1871.gif
いつもありがとう。また来てね♪
ポチッとしてくれたら、嬉しいのしっぽ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ   

  
スポンサーサイト

| mac | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虹の橋を渡ったmac

CIMG1008_convert_20090217112755.jpg

晴れ    晴れ    晴れ    雲    晴れ

この日は、会社へ行かなくてもいいはずだった。

急遽連絡が入り、行かなくては…。

下の階へ降り、ほんの少しの時間だった。

歩けないはずのmacが、3メートル程歩いて階段の上ギリギリまで来ていた。

「mac!歩いたの?大丈夫!?」

慌てて抱き上げた瞬間、失禁してしまった。

「あ…、可愛そうに…、寂しくなったの?ごめんね。」

綺麗に体を拭いてから、

「mac?お留守番出来る?どうしても行かなきゃならないの。すぐ帰って来るからね?」

寂しそうなmacの顔を見ながら話しかける。



母にmacを頼み、気持だけはもう仕事を済ませていた。

「早く…、早く…。」



仕事を終え、macの薬がなくなってたのを思い出し、帰り際に病院へ寄った。

薬をもらい、車に乗った所で携帯が鳴った。

母からだった。

「mac…、たった今逝ったよ…。」

「もうすぐ着くのに…、あと5分で家に着くのに…。」

ポロポロ泣きながら運転してたので、前がよく見えない。



家に着いて、いつもの所で眠っているmacに近づき

「mac!ごめんね…一緒にいてあげられなくて…ごめんね…。」





最期は、母が付いていてくれた。



luckyの時は、macの手前我慢してたけど、今回は声を上げて泣いてしまった。

何度も何度もあやまりながら…。

DSCN0449_convert_20090217004505.jpg

唯一の救いは、一人ぽっちじゃなく母が側に居てくれた事。

「二人して突然こんなに早く逝かなくても…。」

少し前に薬を貰った先生に電話をした。

「先生…、mac…駄目でした…。」

「…そうですか、残念です。向こうへ行っても苦しくならないように、薬を一緒に入れてあげて下さい。」

そのやさしい言葉で、号泣してしまう。



先日、遊びに行った 所の友人が「今日はたくさん泣いて、その後は喜びだよ。

だって、これからは二匹いつも一緒にいられるし、上から二人の事見守ってくれるから。」

その言葉で、少し楽になった。

「そうだねmac。もうluckyと離れる事ないもんね。いつも一緒だね。」

DSCN0454_convert_20090217012822.jpg








妹が「その花どうしたの?」と聞き

姪っ子が、「macへ。」と自分の家に一輪の花を飾ってくれたらしい。

無題2

きっと、その想いはmacの所まで届いたと思う。

やさしい子。

ありがとう。






夜は、ずっとmacとluckyとの思い出話をしながら過ごした。

「mac、luckyに逢えた?ちゃんと迎えに来てくれたでしょ。」

今思えば、あのワン! の声は、

フレブル3もうすぐmacを迎えに行くけど、母さん悲しまないで。

  ボクたち、いつも駿兄ちゃんと母さんのこと、見てるから!


と、言ってたような気がする。

lucky、違う?




mac、幸せだった?

うちに来て良かった?

楽しかった?

母さんは、とっても幸せだったの。楽しかったよ。

10年は、やっぱり短いよ。

でも、君達の世界では普通だよね。

どれだけ愛情を込めても、足りなく後悔してしまう。

悲しくて、寂しくて、苦しくて、つらいけど…

macが、なんとなく笑ってる気がする。

luckyニーチャンに逢えて良かったね。

これからは一番過ごしやすい所で、痛いことも苦しい事も寂しい事もなく、楽しい事ばかりの世界だよ。







今まで、ありがとう。

本当に、ありがとう。

私達のかけがえのない可愛い子。

DSCN0452_convert_20090217014248.jpg

2006年6月7日 mac10歳 永眠




  mac   lucky
image137.gifimage1871.gif
いつもありがとう。また来てね♪
ポチッとしてくれたら、嬉しいのしっぽ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ   


| mac | 13:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

逢えて良かったネ



晴れ    晴れ    晴れ    雲    雲


ここには動かないmacがいる。

でも、向こうで喜んでluckyと走ってる姿が目に浮かぶ。

死というものを立て続けに経験してしまったけど、今回は複雑。

大好きなニーチャンの”死”をあまりのショックで受け入れられなくて、

日に日に元気がなくなっていくmacを見てると、

「ありがとう」はもちろんの事、「良かったネ。」としか出てこない。



macを好きだった助手席に乗せ、lucky同様、火葬する前に始めて出会った場所ペットショップ・kさん。

今回は帰って来られなかった駿輔とは、そこで待ち合わせをした。

冷たくなったmacの体全体をゆっくりなでながら

「luckyが残していられなくて、連れて行ったんだね…。」




その時に会わせてくれたこの子。
P1000071.jpg

luckyの姪っ子。


あの時
luckyの横にいた男の子。

あの子の子供だった。

飼い主さんの諸事情で、預ってるらしい。

「luckyの姪っ子ちゃんなの…。始めましてだね…。」

どんどん涙があふれ出てくる。

「macが生きている間に逢ってたら、どんなだったろうね…。」

こういう時に、血のつながった子に会えるなんて思ってもみなかった。

女の子は、やさしい顔をしてる。

せかせかしてたけど、駿輔に抱っこされたとたんおとなしくなった。

「これからmacは、lucky伯父さんの所へ行くの。見送ってくれて、ありがとね。」



その場を後にして霊園へ向かう。

ついこの間来たばかりなので、担当してくれた方が覚えてくれて

「一人で寂しかったんですね。」とポツリ。






小さくなったmacを抱いて、駿輔とはそこで別れた。

「お母さん、大丈夫?」

と、これからガランとした部屋へ帰っていく私を気遣ってくれた。

「大丈夫だよ。」





何を考えながら帰ってきたのか、全く覚えていないけど

macのluckyと逢えて喜んだ姿だけしか浮かばない。

辟。鬘・_convert_20090218213307




  mac   lucky
image137.gifimage1871.gif
いつもありがとう。また来てね♪
ポチッとしてくれたら、嬉しいのしっぽ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ   


| mac | 21:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4年

NANA 今日は、macおじさんが逝って4年たった日なの。

龍輝 あぁ、知ってる!

   この間、来てたよ♪

   一緒に遊んだんだ。

NANA 私達には見えるけど、お母さんには見えないらしいの。

龍輝 あれぇ…それは残念だね。

P1050696_convert_20100607225641.jpg




P1050697_convert_20100607225708.jpg

NANA macおじさん…なんだか若くなった気がするの。

龍輝 そうなんだよ!

   かけっこは、ボクより早いかもしれない。

P1050422_convert_20100607230323.jpg

NANA みんな一緒に暮らしていたら、賑やかよね♪

龍輝 macおじさんって、やさしいもんな♪

NANA それ、どう言う意味?

龍輝 意味ないよ。・・・(゚_゚i)


g-bara-1.gif


mac ニーチャン!

   ホレ、姪っ子NANA達が、あんな事言ってるよ。

lucky ぇえ?

   NANAは、龍輝に鍛えられてすっかりお転婆になったもんなぁ。

mac お母さんも、ニコニコしてるから安心だ♪

   ボクさぁ…

   こっちに来る時、心配だったんだ。

lucky ちゃんと迎えに来たっしょ。

mac ニーチャンが迎えに来てくれるのは分かってたよ。

   そうじゃなくって…

lucky ん?

mac お母さんだよ。

   ニーチャンが逝っちゃって、ボクがあんまり落ち込んだからさぁ…。

DSCN0113_convert_20100607232938.jpg

mac お母さんが、すごく心配したんだ。

   ボクってさぁ、ニーチャンがいたから留守番でも、どんな時も安心してたんだ。

   ボク…一人になってから、お母さんはずっと一緒に居てくれた。

   出かける時も、一緒に連れてってくれた。

   そして、ニーチャンの写真も分かるように貼ってくれたんだ。

DSCF0263_convert_20100607233729.jpg

mac でも、ニーチャンの匂いしなかった…。

   そう思ってるうちに、病気になっちゃった。

   ずっと看病してくれたんだ。

   歩けなくなっても、抱っこして外に連れてってくれた。

   お母さんも、ニーチャンが逝ってからボクが寂しいと思ってるの知ってたみたい。

lucky でも、5ヶ月も一人で頑張ったよ!

   偉かった!

mac あんまり寂しい行動するから、お母さんボクに泣きながら言ったんだ…。

   「お母さんは、一人でも大丈夫だよ。(ノ_-。)」って。

   その二日後に、こっち来ちゃった。

lucky ずっとここから見てたよ。

   お母さんこれからは、新しい家族を迎えないって…

   一人でいいって思ってたから…

   macがこっちに来てから、あの落ち込みようったら、心配だったよ。

   だから…

   NANAを会わせたんだ。

mac そうだネ♪

   ボクが斎場へ行った日に、NANAと会ってるんだもんネ。^^

   良かったよ、今、元気で居てくれて。o(^o^)o 

lucky でも、ボク達の姿が見えないってのは、残念だなぁ。

   時々、行ってるのになぁ。

mac だネ。^^  

hydrangea2-2006-2.jpg 



 向こうに居る愛しい我が子は

 今でも側に居てくれます。

 いつも一緒に…





芽usui 地球温暖化 芽usui

| mac | 23:56 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。