NANAと龍輝の「ふたりごと」

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

13年前の冬…

 

息子と二人の生活の中で、何となくそう思った。



「子犬、飼おうか?」

「本当!飼ってもいいの!?うん!飼う飼う!どんな子犬にするの?」



二人とも動物は初めてで、犬種さえわからないし、まったくの素人。

取りあえず、タウンページでペットショップを探す。

(こんなに沢山のお店、何処にしたらいいものやら。これは、直感でいくしかないな。)


新しい家族を向かえようとする緊張で電話をしてみる。

「はい○○○です。」

「あのー相談なんですが、初心者でも飼いやすいわんちゃんってどういう子から始めたらいいですか?」

私のトンチンカンな質問に、お店の方は親切に、家族構成・息子の年齢などを考慮しながら丁寧に教えてくれた。

「それなら、ボストンテリアって聞いた事ありますか?」

「いえ、初めてです。(^_^;)」

「とても賢くて、飼いやすいですよ。きっと、この子で良かったってなると思う。(^o^)一度、会いに来て見ますか?」

こんな簡単な会話じゃなく、犬の事についてもっとわかりやすく色々と教えてくれた。



想像がつかない犬種だったので、見学と言う事でペットショップへ行く日時を決め、その日は電話を切った。

(内心は、このお店にしようと決めてた。と言った方が正しい。)


息子は、その日が待ち遠しくて仕方がない。

当たり前か、私もそうだもの。



「ボストンテリアって犬種なんだって。聞いた事ある?」

「初めて聞いたよ。どんな子なんだろね、早く会いたいな!」



もしかしたら、これから一生をともに生きて行くかもしれない小さな家族に不安と希望に二人ともワクワクしていた。


                             lucky
                           image1871.gif
                     いつもありがとう。また来てね♪
                     ポチッとしてくれたら、嬉しいのしっぽ
                         人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| lucky | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。