NANAと龍輝の「ふたりごと」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

異変

CIMG1259_convert_20090301105456.jpg

晴れ    晴れ    晴れ    晴れ    晴れ

luckyとmacが逝ったのは、2006年。

nanaが来たのも、2006年。

推定22歳のチャコクロネコが逝ったのが、2008年。

辟。鬘・_convert_20090228171227

nanaに異変が起きたのは、そのチャコが逝って間もなくだった。

急に、下痢気味に。


特に仲が良かったわけでもなく、もちろん遊んだ事もない。

チャコは目が見えない状態だったので、nanaが近づくと威嚇されていた。

それでもnanaは、屁の河童。

luckyとmacの性格をたして2で割ったような所がある。

チャコに近づいて匂いをかいで、通り過ぎる程度。

その後は、一人遊び。

それが毎日の日課。


nanaは、チャコがヨロヨロと水を飲みに行ったり、トイレに向かうたびに、その行動を目で追っていた。

それだけの仲だったのに、チャコが亡くなって体調に異変が起きてしまった。

何日も何ヶ月も下痢は続いてしまった。

病院での薬は、最初は効いていたけど間もなく効果なし。

血液検査も健康そのもの。

「何か、ストレスになるような事はなかったですか?」と先生に聞かれても思い当たる事はまったくないし…。

何一つ生活環境は変わっていない。

環境が変わったといえば、チャコが亡くなった事。

CIMG0361_convert_20090228174531.jpg

「何としてでもnanaを正常な状態に戻さなくては。助けなきゃ!」

気持ばかりが焦ってしまう。


ペットショップの先生に相談し、nanaの様子をみてもらうことにした。

最初は2週間くらい預けたろうか、普通の正常なウンチをしてくれた。

どんなに嬉しかった事か、この日をずっと待っていたよ。

「今度こそ、固いウンチを拾える!」

ウンチを拾える楽しみを、こんなに嬉しく思ったことは初めて。


「良かったnana、もう大丈夫だね?」

車の中で、話しかけながら帰って家に着いたと思ったら、

下痢…。

「どうして?nana…。nanaの心に何があったの?」

何も出来ない自分に対しての情けなさで泣けてくる。

試せる事はとにかく何でもやってみた。



CIMG0287_convert_20090301012654.jpg

ペットショップと家の行き来は、何度も続き、

今年の元旦も一緒に過ごせなかった。

私が沈んだ気持じゃ駄目だ!

nanaが健康になればそれでいい…。


フレブル3続きは、夕方以降ネ。


  mac  lucky  nana
image137.gifimage1871.gif
いつもありがとう。また来てね♪
ポチッとしてくれたら、嬉しいのしっぽ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ   
にほんブログ村


関連記事

| 龍輝が来るまで | 11:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。